シミを消したい方必見!効果的なシミへのアプローチ4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シミを消したい方必見!効果的なシミへのアプローチ4選
最近、やけに顔のシミが気になる…なんてことはありませんか?
日差しが強くなり、紫外線によるダメージも気になり始める時期なので、シミがいつも以上に目について見えるだけかもしれませんが…紫外線量が一気に増えたことで、実際にシミが増えたり濃くなって目立つようになった、という可能性も大いにありえます。
女性にとってお顔のシミは不要なもの。できることなら今すぐにでも消してしまいたいですよね。
本日は、消したいシミへアプローチする4つの方法をご紹介します。シミは簡単に消すことができるものではありませんが、ご自身に合ったシミ対策が見つかれば幸いです。

顔にできるシミの種類

一言でシミと言っても、シミにも種類があり、セルフケアで消すことができるシミと、セルフケアではなかなか消せないシミがあります。まずはご自身のお悩みのシミがどのタイプかを確認しましょう。

セルフケアでも消せる可能性のあるシミ

・老人性色素斑(日光黒子)

最も多いタイプのシミ。額や頬、こめかみなどにできやすく、紫外線の影響でできるため、日焼けシミとも呼ばれています。長年肌に蓄積されたメラニン色素がターンオーバーを経て出てくるため、40歳前後で気になり始める方が多いのが特徴です。日焼けするほど増え、薄い茶色だったものが次第に濃くなっていきます。

・炎症性色素沈着

傷跡やニキビ跡、虫刺され跡がシミになったものです。状態によってはセルフケアでは対処できないこともあります。

美容医療などでのアプローチが必要だと言われているシミ

・雀卵斑(そばかす)

遺伝によるものが多く、成長とともに増えたり、紫外線の影響で濃くなったりします。大きさも形も不規則で、淡褐色をしています。

・肝斑(かんぱん)

頬骨や額、鼻の下に左右対称に出るシミ。30~40代の女性によく見られます。女性ホルモンが関係していると言われ、ピルの服用中や妊娠中に出やすくなります。

・光線性花弁状色素斑

短期間に大量の紫外線を浴びて強い日焼けをした時に、肩や背中、胸元などにできる花びらのような形のシミ。色白の方に出やすいのが特徴です。

・脂漏性角化症

シミの角化が進み、隆起したイボ状のシミ。徐々に分厚くなっていきます。レーザーによる治療が必要なシミです。

・遅発性両側性太田母斑

額、目の周り、頬などに生まれつきある茶褐色または青いアザのようなシミ。目の下のシミはクマと勘違いされやすく、特に日本人に多いと言われています。

消したいシミにアプローチする4つの方法

シミを消すための対処法は、主に以下の4つの方法があります。

①美容医療でシミを消す

シミを消したい方必見!効果的なシミへのアプローチ4選
セルフケアでは対処できないシミや、早くきれいにシミを消したいという方に向いている方法です。

・レーザー治療

皮膚科などで受けられるレーザー治療では、セルフケアでは改善が見られないシミを、あまり時間をかけずに消すことが可能です。レーザーの種類は色々あるので、ご自身のシミに適したレーザー治療法を見つけると良いでしょう。
ただし、手軽に早くシミを消すことができる反面、ほとんどの場合、保険適用がなく高額の実費負担になること、何らかの肌トラブルや、シミが消えない・再発などのリスクもあります。また、場合によっては治療に3~6ヶ月ほどかかる場合もあることを留意しておきましょう。

・塗り薬による治療

皮膚科などの医療機関で処方される、ハイドロキノンやトレチノインなどの成分が含まれた塗り薬の使用もシミの改善に効果的です。
即効性のある美白成分として人気のハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるほど強い漂白作用のある成分。メラニンや、シミの原因となるメラノサイトの働きを抑制する効果があり、ダイレクトにシミを消すことができるとも言われています。
トレチノインは、皮膚の古い角質をはがし、ターンオーバーを促して皮膚を再生する作用があります。
個人差はありますがどちらも効果が高い分、刺激も強いので、使い方を間違えると肌トラブルにつながる可能性があります。シミの種類や改善方法とともに必ず専門医に相談し、医師の指示に従った上で容量・用法を守り、正しく使いましょう。最近ではインターネットでの個人輸入も可能となっていますが、様々なリスクがあるため、おすすめはできません。

②セルフケアでシミを薄くする

シミを消したい方必見!効果的なシミへのアプローチ4選
セルフケアではすぐにシミを消す、ということは難しいですが、根気よくケアすることで新たなシミや、シミが濃くなるのを防いだり、シミの色を徐々に薄くすることは可能です。

・ターンオーバーを早めるスキンケア

本来シミは古い角質とともに自然とはがれて消えていくもの。皮膚の下層にできたシミが肌のターンオーバーによって表に出てくる過程で、私たちはシミを認識します。この肌のターンオーバーを正常に促すことで、シミを徐々に薄くし、最終的には消すことができます。時間はかかりますが、肌の代謝に合わせて自然にシミを消す方法です。ピーリングや、新陳代謝を高める作用のある馬油を塗布したスキンケアなどがあります。

・ハイドロキノン配合の化粧品を使用する

前述したハイドロキノンが配合されている化粧品の使用でもシミを薄くする効果が期待できます。ただ、ハイドロキノンは濃度が高いほど効果があり、4%以上なければシミが消える効果は現れないとも言われています。市販の化粧品に使えるハイドロキノンの量は薬事法で2%以下までと定められているので、効果の差に個人差があることは留意しておきましょう。また、塗り薬と同じように、使い方を間違えると肌トラブルを招くなどのリスクもあります。夜のみ使用する、朝には洗い流す、紫外線を避けるなどの使用方法や注意事項をよく読んだ上で正しく使いましょう。

③シミを予防する

シミを消したい方必見!効果的なシミへのアプローチ4選
シミの原因となる紫外線対策や、今あるシミを濃くしない、今以上に増やさないための予防のスキンケアは、シミ対策では何よりも大切です。紫外線を浴びずに生活することは難しいので、紫外線を浴びた後に、紫外線によるダメージやすでにあるシミをしっかりケアできるかどうかが、将来のシミの数を左右します。

・美白作用のある化粧品を使う

シミのケアには、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きや、美白作用のある成分が配合された美白化粧品が効果的。目で見て効果を感じることは難しいですが、できたばかりのシミを薄くして消したり、新たなシミを未然に防ぐなど、シミへのアプローチには低リスクで一番実用的な方法です。
美白作用のある化粧品を選ぶときのポイントは、配合されている美白成分に着目すること。シミのケアにおすすめの成分は、ビタミンC、トラネキサム酸、アルブチン、プラセンタエキスなど。中でもシミに様々な効果が期待できるビタミンCは、美容液など単品でも取り入れやすいのでおすすめです。

【ビタミンCがシミに効果的な理由】

ビタミンCにはメラニン色素生成の抑制や、できてしまったメラニンを白色還元して細胞を活性化したり、肌のターンオーバーを整える作用、色素沈着を防ぐ効果が期待できます。ですので、できたばかりの小さなシミなどはスキンケアで十分に対処が可能です。
また、活性酸素を抑え除去する抗酸化作用で、シミだけでなく肌の老化を防ぐ働きや、肌のハリのもとになるコラーゲンの生成を助ける作用もあり、多角的に紫外線ダメージのケアができます。

・紫外線対策を万全にする

シミのケアには、シミの主な原因である紫外線対策が必要不可欠。UVカットをすることで、今あるシミの悪化と新たなシミができるのを防ぎます。
日焼け止めは、ちょっとした外出程度の日常生活ではSPF10~30のものを、長時間、屋外で過ごす時はSPF30~50のものを使い分けると良いでしょう。屋外にいる時は2~3時間を目安に日焼け止めを塗り直すことも忘れずに。メイク直しにはUVカット機能のパウダーなどを使いましょう。

④シミのケアにオススメの食材とサプリメント

シミを消したい方必見!効果的なシミへのアプローチ4選
シミ対策は、食事などで身体の内側からもシミに働きかけることが大切です。シミに効果的な以下の成分を含む食材やサプリメントを積極的に摂ることで、体の内側からもシミをケアすることができます。

シミのケアに効果的な食材と栄養素

  • ビタミンACE…メラニンの生成や活性酸素の働きを抑えて、シミや肌の老化を防ぎます。カボチャ、人参、レバー、レモンやオレンジなどの柑橘類、イチゴ、パプリカ、ナッツ類、アボカド、卵黄などに多く含まれています。
  • アスタキサンチン…抗酸化作用やメラニン抑制作用によって、シミや肌の老化を防ぎます。鮭、海老、蟹などに多く含まれています。
  • オメガ3系の脂肪酸…肌の代謝を上げ、ターンオーバーを促します。ほうれん草、大豆、鮭、マグロなどに多く含まれています。

シミのケアに効果的なサプリメント

さらにシミのケアに力を入れるなら、サプリメントを利用するのもおすすめ。即効性はありませんが、食事では摂取しきれない栄養素を効率よく補うことができ、加齢や生活習慣、ストレスなどで乱れやすいターンオーバーの周期やバランスを身体の内側から整えます。
特にシミに効果が期待できる成分は、ビタミンC、L-システイン、トラネキサム酸、プラセンタエキスです。

終わりに

シミの原因となるメラニンは、美容の観点から見ると悪いもののようにも思えますが、本来は紫外線のダメージから肌細胞を守り、肌トラブルやDNAの破壊などを未然に防いでくれる、私たちの身体には必要なものです。紫外線による肌への刺激が増えることでメラニンが過剰に作られ、ターンオーバーで排出しきれなくなり、肌に残ったメラニンがシミの原因となってしまうので、まずは紫外線対策を万全にするとともに、できてしまったシミは早くケアして少しずつ目立たないように消していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美肌女優の使用率 No.1!ビタミンC美容液

有名モデル、女優様から美容ライター様に長年ご愛用いただいているトランスダーマC。
トランスダーマCは、これまでのビタミンC配合とは異なる新開発のフォーミュラ。一度使ったら、もう手放せない、新しいスキンケアアイテムです。
素肌美へ導く整肌成分ビタミンC(アスコルビン酸)配合の美容液。透明感、つや、ハリ、毛穴の引き締めに。

まずはお買い求めやすいトライアルキットで、“リッチなお肌”を実感してみてください!

詳しくみる

SNSでもご購読できます。