日焼け後の正しいアフターケア~紫外線ダメージから肌を守るには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日焼け後の正しいアフターケア
今年も日焼けが気になる季節が到来。気候がまだ不安定なこともあり、日焼け対策を行わないまま外出してしまい、予想外の日差しに日焼けをしてしまう方も少なくないのではないでしょうか。また、日焼け止めを塗っていても、長時間屋外で過ごしたら思った以上に日焼けをしてしまった、という方もいらっしゃると思います。
お天気に限らず、この時期は紫外線量が1年で最も多いシーズン。今回は、うっかり日焼けをしてしまったときのアフターケアについてご紹介します。正しい対処法で日焼けによる肌のダメージを素早くケアしましょう。

日焼け直後にすべきアフターケア

日焼け直後や当日は、紫外線によるダメージを受け、肌はとても弱っています。肌への刺激を極力減らし、冷却と保湿で肌を労わることが大切です。

① 日焼けした肌を冷やす

日焼けはやけどの一種で、日焼け後の肌は皮膚が炎症を起こしている状態。まずは日焼けした箇所を冷やし、肌の炎症を抑えます。熱を帯びて火照っている部位や赤くなっている部位、ヒリヒリとした痛みを感じる部位に、冷たい水で濡らしたタオルや保冷剤、氷水を入れたビニール袋などを当ててしばらく冷やします。
水風呂も日焼けをした肌の冷却には効果的ですが、身体を冷やしすぎる可能性があるので、短時間で済ませるようにします。シャワーは水圧の調整ができず、肌へ刺激を与えてしまうこともあるので、日焼けの自覚症状がある時は控えたほうが良いでしょう。

② 日焼け止めを落とす

日焼け止めは刺激があり、肌の負担になるものがほとんど。UV効果の高いものほどその負担は大きくなります。日焼け止めを塗っている場合は、なるべく早く日焼け止めを落としましょう。ただし、日焼けによるダメージで肌は敏感になっているので、強くこするなどしてさらに刺激を与えないよう、クレンジングをする時は優しく丁寧に行います。洗顔料やボディソープなどのクレンジング剤は、できれば敏感肌用のマイルドな成分のものを使用し、刺激の強いものは控えます。スクラブ入りなどは厳禁です。クレンジング剤はよく泡立てて泡で洗い、お湯の温度はぬるま湯がベスト。40℃以上の熱いお湯も肌への刺激となってしまうので気をつけましょう。もし、クレンジング剤がしみたりして痛みを感じる場合は、痛みが治まるまでクレンジング剤は使わず、ぬるま湯のみで洗うようにしましょう。

③ 肌をしっかりと保湿する

紫外線を浴びた肌は、普段の何倍も乾燥し、水分が不足しています。日焼け止めを落としたらすぐに化粧水などでいつもより念入りに保湿をしましょう。使用する化粧水は、敏感肌用など肌に刺激の少ないものがおすすめ。冷蔵庫で冷やしておくと、つけ心地も良く、肌の炎症にも効果的です。化粧水をつけるときは、肌への刺激を極力抑えるためコットンなどは使わず、手のひらで肌を抑えるように優しく塗布していきます。肌がヒリヒリと痛む場合などは化粧水がしみてしまうこともあるので、消炎作用のある保湿クリームやワセリンなどの軟膏を塗ると良いでしょう。また、化粧水がしみた場合はすぐに洗い流し、痛みが気になる場合は皮膚科を受診します。

日焼け後の正しいアフターケア~紫外線ダメージから肌を守るには?

保湿時の注意点は、日焼け後にアルコール入りのものや美白効果が期待できる基礎化粧品などを使用しないこと。特に、日焼け後はすぐにでも美白作用のある化粧品を使用したくなりますが、一部の有効成分が強い刺激となる場合があるため、肌の炎症を悪化させてしまう可能性があります。日焼け後は、美白ケアよりも保湿と肌に刺激を与えないスキンケアを心がけます。また、保湿効果の高いシートマスクなども、実は日焼け直後の肌には刺激や負担となるため、日焼け当日の使用は控えましょう。

④ お水を飲んでしっかり水分補給をする

日焼け後は全身の肌が乾燥しています。内側からのスキンケアとして、たくさんのお水を飲み、水分補給を行うことも大切です。ミネラルウォーターの他、ビタミンCがたっぷり入ったアセロラジュースなどを飲むのも効果的です。

※日焼けがひどい場合

日焼けがひどいと肌が赤くなり、ヒリヒリとした痛みを感じたり腫れたり、水疱ができるなど、目に見える形で肌が炎症を起こす場合もあります。そのような肌状態でのセルフケアは余計な刺激を与えるだけで、かえって症状を悪化させてしまうことも。肌に異常を感じた時は、患部を冷やした後に皮膚科を受診し、症状に合った薬を処方してもらいましょう。

日焼けの翌日以降のアフターケア

スキンケア~洗顔

日焼けが軽度の場合は日焼け当日から洗顔をしても問題はありませんが、肌が敏感になっている間は、敏感肌用など低刺激のクレンジング剤や洗顔料を使って洗顔を行い、ぬるま湯ですぐに洗い流し、肌に負担の少ない洗顔を続けましょう。もし、しみたり痛みを感じる場合や日焼けが重度の場合は、刺激や炎症が治まるまでは洗顔料は使わず、ぬるま湯のみで洗顔を行います。また、肌への負担を減らすため、しばらくはすぐに落とせる軽めのメイクを心がけます。
肌の状態が落ち着いてきたら、いつもの洗顔に戻しましょう。

日焼け後の正しいアフターケア~紫外線ダメージから肌を守るには?

スキンケア~保湿

化粧水や保湿美容液、保湿クリームは、肌の状態に合わせて使い分けます。日焼け後の炎症が残り、肌が敏感になっているのを感じるようなら、敏感肌用の低刺激の基礎化粧品を使用します。化粧水で保湿をする際は刺激になりやすいコットンなどの使用は避け、手のひらで肌に押し込むように優しく塗布します。化粧品は冷蔵庫で冷やしておくと、肌の炎症をより早く鎮静する効果も期待できます。
肌の状態が落ち着いてきたら、普段使っている基礎化粧品に戻していきます。

スキンケア~紫外線によるダメージ対策

痛みや赤みがひき、完全に肌の状態が落ち着いたら、日焼けによる紫外線ダメージのケアを行いましょう。日焼けはシミやシワ、肌の老化の原因になります。肌の状態や目的に合わせて、美白作用や保湿に優れた化粧品を取り入れましょう。
おすすめは、いつもの基礎化粧品に1本取り入れるだけでOKのビタミンC美容液。ビタミンCにはメラニン色素生成の抑制や、できてしまったメラニンを還元して細胞を活性化したり、肌のターンオーバーを整える作用、色素沈着を防ぐ効果が期待できます。また、活性酸素を抑え除去する抗酸化作用で、シミだけでなく肌の老化を防ぐ働きや、肌のハリのもとになるコラーゲンの生成を助ける作用もあります。
ただし、これらは効果が期待できる反面、元気な肌状態の時でも刺激を感じる場合があります。肌に合わない場合は使用を控えてください。

スキンケア~日焼け対策

日焼けした肌に、さらなる日焼けは厳禁です。日焼けの状態が落ち着くまでは、刺激の強い数値の高い日焼け止めは避けた方が無難ですが、数値の低いものや紫外線吸収剤が入っていないものなど、肌に刺激の少ない日焼け止めを選んで使用しましょう。日焼け止めの使用とともに、外出時は肌の露出を控えた洋服や、帽子、日傘などで紫外線を浴びない工夫も必要です。また、移動時は建物の影など日陰を選んで。

その他、肌への刺激を減らす工夫

日焼けした肌はいつもより敏感です。刺激を減らすこともアフターケアのポイント。
入浴は38~39℃のぬるめのお湯にして、短時間で済ませるようにします。水圧の強いシャワーの使用も気をつけましょう。また、身体を洗う時も、身体を洗う用具やボディソープなどは、肌への刺激が少ないものを選びましょう。
身に付ける衣類なども、綿素材や柔らかな肌触りのものを選び、肌に刺激を与えないものを選びます。また、マッサージは摩擦によって肌トラブルを引き起こす可能性があるので、日焼け後しばらくは控えましょう。

食事による日焼けのアフターケア

日焼け後は内側からアプローチするスキンケアもとても大切。必要な栄養素を食事から摂ることで、日焼け後の回復を早くします。肌の新陳代謝をうながしターンオーバーを活性したり、シミやシワの原因となる活性酸素を押さえる抗酸化作用が期待できるビタミンACE(ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE)を中心に、紫外線による肌ダメージに効果的な食べ物を積極的に摂取しましょう。

日焼け後の正しいアフターケア~紫外線ダメージから肌を守るには?

ビタミンA

活性酸素の生成を抑えてくれる優れた抗酸化作用のほか、皮膚や粘膜を保護する働き、コラーゲンの生成の促進効果などが期待できます。カボチャ、人参、トマト、シソなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンC

ビタミンCの作用は前述のとおり。紫外線による肌ダメージに対して多くの効果が期待できます。水溶性ビタミンなので一定量以上は体内に蓄積することができず、吸収されなかったビタミンは尿となって体外へ排出されるので、過剰摂取の心配はありません。ビタミンC美容液を併用しながら、朝昼夜の食事でも常に取り入れるよう意識してみましょう。オレンジ、グレープフルーツ、レモンなどの柑橘系やイチゴ、キウイ、アセロラなどの果物のほか、トマト、ブロッコリー、パプリカ、パセリなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンE

高い抗酸化作用を持つ栄養素で、肌の老化の大きな原因となる活性酸素による酸化から肌を守る働きのほか、紫外線を吸収してくれる作用などが期待できます。ビタミンCと一緒に摂取することでより抗酸化力がUP。アボカドやナッツ類、大豆、ゴマなどに多く含まれています。

おわりに

日焼けは「しないこと」が一番。紫外線対策を万全にして、予防することが何よりも大切です。けれども、どんなにUVケアが万全でも、紫外線をまったく浴びない生活というのは不可能なこと。できるだけ日焼けをしないように心がけながら、日焼けをしてしまったときは、早く正しいアフターケアで、紫外線による肌ダメージを最小限にとどめるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンCとレスベラトロール 新しいエイジングケア体験

長年多くの方々に支持され続けているビタミンC配合美容液「トランスダーマC」に、エイジングケア効果をもたらす成分を配合した新美容液「トランスダーマ R アドバンスド」。

ピュアビタミンCをベースに、ヤマブドウ由来のレスベラトロール、PQQ、還元型コエンザイムQ10やアミノ酸誘導体といった整肌成分を独自技術で配合することに成功。
肌本来の力をサポートし、ハリのあるふっくらしたお肌を取り戻します。

「トランスダーマ R アドバンスド」(4mL)の入ったスターターキット、発売中です。

スターターキットをみる

SNSでもご購読できます。